カテゴリ:*からだのこと( 2 )

白内障診察

先週の金曜日、都内にある眼科専門のT動物病院に地蔵の白内障の診察に行ってきました。
10時の予約でしたが、10時半に到着(><)
やはり眼科専門で有名なだけあって、すごく混んでました。
今回、院長先生からもお話を聞き少しづつ白内障について理解してきました。

話をまとめるのが苦手なので箇条書きで・・・


・結論から言うと地蔵の左目は非加齢性白内障(若年性白内障)との診断を受けました。右目は白内障ではないとのことで安心。

・進行段階は4段階あって・・・
初発⇒未熟期⇒成熟期⇒過熟期
地蔵は恐らく成熟期(もしかしたら未熟期)との診断。
今の段階では見えていないことはないとのこと。

・進行スピードについて
犬種によって違うらしく・・・
シュナウザー、ジャックラッセル、コッカーは進行スピードがとても速い。
フレンチブルドッグは比較的、進行スピードはゆっくり。

・合併症について
網膜剥離や緑内障などの合併症がある。
手術をした場合の合併症の確率は約15%
手術をしなかった場合の合併症の確率は手術をした場合の確立よりも高い。

・手術について
水晶体の濁りをとってレンズを入れる手術。費用は片目で40~50万円。
術後のケアがとても重要。術後の点眼や内服などのケアを毎日家で出来るか、エリザベスカラーを嫌がらず装着できるか。定期的な検診や日々のケアをきちんとできないと手術を成功させることは難しい。


地蔵が今までと変わらず元気であること、右目が白内障でなかったことが何よりの救いです。
いろいろ悩んだ結果、今のところ手術はしない方向で少し様子を見てみようと思います。
1番の理由は麻酔のリスク。
短頭種でアレルギーも酷いということから、かかりつけの先生が地蔵に麻酔をかけるのは怖いと言っていたこと。
今は抗炎消剤の目薬と角膜保護剤の目薬で様子を見ている状態です。
その目薬も嫌がってしまい出来るときと出来ないときが。
手術しても毎日確実に目薬をさすのが難しそう・・・
手術をしても逆に悪化させてしまいそうで・・・
とりあえず今の時点では様子を見てみようと思っています。

診察が終わって車に戻ると、すぐにイビキをかいて爆睡。
そして家に帰宅後も、この通り・・・

a0250575_6295317.jpg


地蔵、ほんとうにお疲れさま(><)





読んで頂き、ありがとうございます。
たくさんの可愛いブヒに会えます♡
フレンチブルドッグひろば にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

[PR]
by rabu_chai_jii0914 | 2012-02-03 21:29 | *からだのこと

若年性白内障

【うさぶる暮らし】は2012年から、こちらに移転しました!
こちらでも引き続き宜しくお願いします♪




昨年12月。
地蔵の左目が白く濁っている事に気付き、かかりつけの病院へ。

診てもらった結果、若年性白内障の疑いありとのこと・・・
眼科専門の先生に診てもらうことを勧められ、病院を紹介してもらいました。

その後ネットで調べていたら都内の眼科専門病院を見つけたので
かかりつけの先生に相談し、そちらへ行くことに決めました。

年末年始の関係もあり、今月に入ってから予約の電話をしたところ空いているのが早くて今月24日とのこと・・・
仕事の都合もあり、今月の27日に予約をとりました。

目が閉じてしまったり、しょぼしょぼしていたりする場合は急いで来て欲しいとのことでしたが
今のところ症状がないので27日、診察に行って来ます。

まさか、来月4歳の地蔵が白内障になるとは思わなかったので、ただただショックです・・・

a0250575_0522154.jpg


病院、嫌だろうけど一緒に頑張ろうね。



たくさんの可愛いブヒに会えます♡
フレンチブルドッグひろば にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

[PR]
by rabu_chai_jii0914 | 2012-01-16 20:24 | *からだのこと